サイズや重量別の維持費

自動車の維持費はサイズや重量によって異なります。一般的には、サイズが大きくなるほど重量が大きくなります。そして、重量が大きくなるほど維持費は高くなる傾向があります。これは重量が大きいほど重量税が高くなることが大きく影響しています。ただし、エコカー減税適用車などでは重量税が減免になり、車齢が13年を超えや18年超えになると割り増しとなります。ここでは、エコカー減税適用前の重量税で説明します。なお、重量税は、購入時や車検時に3年分や2年分をまとめて支払いますが、ここでは年額で説明します。また、同一車種でもグレードやメーカーオプションオプションなどにより車両重量が変化する為税額が変わることがあります。

 

車両重量0.5t以下の維持費

車両重量0.5t以下の重量税は、年額4,100円です。軽自動車がこれに該当します。

 

車両重量0.5t超1.0t以下の維持費

車両重量0.5t超1.0t以下の重量税は、年額8,200円です。

 

車両重量1.0t超1.5t以下の維持費

車両重量1.0t超1.5t以下の重量税は、年額12,300円です。

 

車両重量1.5t超2.0t以下の維持費

車両重量1.5t超2.0t以下の重量税は、年間16,400円です。

 

車両重量2.0t超2.5t以下の維持費

車両重量2.0t超2.5t以下の重量税は、年額20,500円です。

 

車両重量2.5t超3.0t以下の維持費

車両重量2.5t超3.0t以下の重量税は、年額24,600円です。

Comments are closed.